女磨き.net TOP > 特集アーカイブ > 長谷川理恵インタビュー|FOOD〜身体の声でメニューを決める〜









── 長谷川さんは、モデルとして活躍される中、ベジタブルマイスター、フルーツマイスターとしても様々な活躍をされています。ここ最近では、ベジフルティーチャーとして小学校で「食育出前授業」を行ったり、更に幅広い活躍をされていらっしゃいます。
そんな長谷川さんの食へのこだわりをお伺いできますか?


食へのこだわりは、自分の身体の声を聞いてあげて、その時の自分に必要な栄養素をきちんとバランスよくとってあげることだと思います。

私もマラソンはじめるまではそれが分からなかったんですけれども、やはり運動をするようになってから身体が本当に欲するものを分かるようになりました。昔は、嫌いだった野菜も今では大好きに。野菜だけではなく、まんべんなく色々な栄養素をとるようにしています。

あとは、なるべく旬の食材を取り入れるようにしています。野菜でもお魚でも旬があって、その旬の時期は一番おいしく、そして栄養価も高いんです。きちんとしたものを身体に取り入れてあげると、やはり身体も元気になると思うので、食材を買いに行く時は、なるべく今一番おいしい旬のものを選んで買うようにしています。
家でご飯を作るときは、食材を買ってそこからメニューを決めたりしています。

外食では、なるべくたくさんの種類を食べるようにしています。イタリアンですとか、和食に行っても、一品だけではなくて、何品かチョイスして、いろんな食材をまんべんなくとって、多くの栄養素をとれるような食べ方をしています。


メニューから材料を調達するのではなく、旬の食材を選んでからそれを調理して頂くことで、栄養価を得、またもれなく美味しさがついてくるのですね。
季節を関係なしに、いつも同じ食材が手に入ってしまう昨今、女性としてせめて代表的な旬の食材くらいは知っておきたいですね。

── そこで、野菜や果物の知識が豊富な長谷川さんに、どんどん寒くなってくるこれからの季節にオススメなレシピを伺いました。


私もよく作るのが、お鍋なんですけれども、今はひとり用のお鍋もあるので、少ない量でも作れますし。大根おろしをたっぷり入れて、そしてお野菜、キノコ、あとは豚肉などを一緒に入れて、しゃぶしゃぶにして、ポン酢やゴマダレを付けて食べるんです。すごく美味しくて、身体が温まるうえ、次の日はむくみもとれて、すごく身体がすっきりするので、オススメのメニューです。撮影前日の晩御飯によく食べます。

大根おろしは消化にも良いですし、あとは、生の物には多くの酵素が含まれています。酵素と言うのは疲労回復など、とても体に良くオススメです。お鍋に入れると、食べやすくなり、大根ですと2分の1本くらいは、いただけます。大根おろしだけ生で頂くとそんなにたくさんは食べれないですし、メインではなく、ちょっとした脇役になりがちなんですけど。

あとは、私もそうなんですが、やはり女性の方は冷え症の方が多いと思うので、生姜を使ってあげると温まります。私はニンニクと生姜は必ず冷蔵庫に入っているんですけれども、ちょっとした炒め物をする時にでも必ず生姜とニンニクを同じくらいの量で刻んで、それで野菜炒めを作ったり、スープにもちょっと生姜を入れたり。そうすると身体が温まります。


たった一言の質問に対し、たくさんの事を教えて下さった長谷川さん。

そしてご紹介いただいたお鍋料理。寒い冬は温かいお鍋に、旬のお野菜の大根おろしたっぷりのみぞれ鍋はたくさん頂いてもお腹にもカロリー的にも女性に優しそうですね!
お鍋は簡単で、具材次第で栄養バランスもバッチリ!
そして、日々お忙しい女性や、働くママさんには強い味方メニューなのではないでしょうか。
秋から冬にかけては、旬のネギや、茸、生姜も入れて、冷えや、喉にも良さそうですね。

野菜や果物だけでなく、お肉やお魚など色々な種類の食物から栄養をとり、長谷川さんの仰る「きちんと自分の身体の声を聞いてあげて」栄養を補ってあげることによって、身体のストレスを少しでも軽減させてあげる。きっとそれが長谷川さんの外見的な美しさにも繋がっているんだろうなと感じました。


次回は『BODY〜身体づくりが導く美しさ〜』です。
お楽しみに!



長谷川理恵インタビューTOP


  • シェアする
  • > 特集アーカイブ一覧