女磨き.net TOP > 特集アーカイブ > 長谷川理恵インタビュー|MIND〜毎日を笑って過ごすのが輝きの秘訣〜









── 溢れるように内面から美しく輝く長谷川さん。輝き続けるために心がけていらっしゃることなどありますか?

人生を笑って過ごすことが、結果、内面の幸せとして、全てが生き生きとしてくると思います。もちろん、メイクをすることも、奇麗な衣装を着て、華やかなジュエリーを身に付けることも大事なんですけれども、自分の中身を常に充実させて、ハッピーで、楽しい笑いのある状態にしておくということが一番、人として、女性として、自分が輝いていられる瞬間かなと思います。


── モデルのお仕事だけでなく、さまざまなイベントにも多数ご出演され、また、チャリティ活動も熱心にされている長谷川さん。そんな多忙なスケジュールをこなす上で、気持ちの切り替えなども頻繁に要求されると思います。
お仕事現場の控室などでの決まったリラックス法や、気分を上げる方法など、控え室での過ごし方をお伺いできますか?


キャンドルを焚くこともありますし、お香の時もありますし、あとは、音楽はよくかけています。
音楽のジャンルは何でも聴くので、ヒップホップも好きですし、R&Bもよく聴きます。その時の気分であったり、モチベーションを上げるためだったり、いろいろと使い分けています。


── 好きなアロマキャンドルの香りはありますか?

好きな香りはその日によって変わります。癒される香り、シャキッとする香り、その時々の気分で選んでいます。


── 輝く秘訣として、人生を笑って過ごすとお伺いしましたが、笑いのある状態にしておく材料として、最近の夢などはありますか?

夢はたくさんあります。でも、その瞬間を大事に生きて楽しむことがとても大切だと思うので。もちろん、こうなりたいという目標はあるんですけれども、今に集中する方が自分に合っていると思います。


── キャンドルが好きな長谷川さんが今度はアロマキャンドルをプロデュースされたと伺いました。今回作られたキャンドルへの思い入れをお伺いできますか?

私は昔からキャンドルが大好きで、ずっと集め続けてきたんですけれども、いつか自分でお気に入りのキャンドルをプロデュースして作ってみたいなという思いがありました。今回、カメヤマキャンドルさんとコラボレーションして作ることができました。

一番にこだわったことは、やはり素材です。 色んなキャンドルがあるんですけれども、本物の良い素材で作ったものは少なくて、きちんと国産で、職人さん達が丁寧に作り上げたものを皆さんにお届けしたかったんです。本当に一つ一つ作るのが大変だったようで、職人さん泣かせではあったんですが。

香りもただつけるだけではなくて、一番上等のいいものを使わせて頂きました。多少お値段は張るかもしれないんですけれども、でもそれが本当の自分へのご褒美だったり、贅沢だなと感じられることだと思うので。やはり素材が重要だと思いますね。カメヤマ(カメヤマキャンドル)さんならではの、カメヤマさんじゃないと手に入らない日本の素材がありますので、それが他のキャンドルとは違うところです。


第1弾は、長谷川理恵さんのMIND、心・精神・意識に繋がるようなお話しを伺いました。
また、長谷川さんが初プロデュースされた、アロマキャンドルへの思い入れもお伺いしました。


次回は、『FOOD〜身体の声でメニューを決める〜』です。
お楽しみに!



長谷川理恵インタビューTOP


  • シェアする
  • > 特集アーカイブ一覧