女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > トリートメントパックの仕方〜タオルドライ後のケア〜

  • シェアする

  • トリートメントパックの仕方〜タオルドライ後のケア〜


    シャンプーの選び方は大事でなるべく優しい泡が立つようなシャンプーを選んで頂くのが一つです。

    それが終わりましたらトリートメントパックです。

    濃厚なバタークリームのようなテクスチャーで、髪にまとわりつくという事が大事です。髪の毛に対して薄く伸ばすという事ではなくて、しっかり髪の毛にまとわりつくような濃密タイプのトリートメントを選んで頂くといいです。

    中に入っている成分は髪の毛がダメージを受けて流失したタンパク質等を髪の毛の中に吸収してくれます。艶も増していくので一回で綺麗になるような気がするのですが、一回ダメージが進んでしまった方は一週間に2、3回は使って頂けると良いです。

    つけ方ですが、一度出して頂いて髪の全体になじませます。髪の毛というのは生えてくる毛髪と従来のダメージが進んでいる部分が違います。人によってダメージの箇所が違いますので、そこの箇所にダブルで重ねていきます。

    まんべんなく塗布しましたら、ピンポン玉程度出して毛髪に対してしっかりつけていく。ダメージの部分にしっかりなじませていくのがポイントです。

    こういったインバスのトリートメントを使って2、3分置いて下さい。置いて頂くとより髪もしっとりしていきます。

    そして終わりましたらしっかり流して頂くのもポイントです。
    よくトリートメントを残しておいて、しっとりするから良いかなと思う方もいますが、アウトバストリートメントも重ねていきますので、お風呂の中で使うものに関してはしっかり洗い流すという事がポイントになってきます。 

    次にシャンプーからあがってタオルドライをする際に何が必要というのは毛髪によって違います。

    例えばハリ・コシがなくて細い髪の毛でボリュームがない方に重いものをつけていくと、どんどん重くなってしまって従来の健康的な毛髪になることが出来ません。
    髪が細くダメージをどうにかしたいという方に関しては、(AMATA取扱の)ライトなミストタイプをオススメします。キューティクルの保護剤も入っているタイプで、熱から守り、入っている成分がオーガニックの成分のパワーを生かしたミストなのでハリ・コシが十分に出て髪を守る事ができます。

    ハイダメージの方には(AMATA取扱の)寝てる間の水分集中パックがオススメです。寝ている時に髪の毛をなおしていく力が強い商品で、ノンカチオン・ノンパラベンと言いまして、顔につきましても安心なものになります。寝ている時にべたべたするのが不安な方にもオススメの商品です。毛髪が失ったら成分を含んだプロフェッショナルな商品になります。人によりますが、だいたい4プッシュ、濡れた髪にまんべんなく馴染ませる事がポイントです。そしてドライヤーをかけてお休みなって頂いて良い商品です。トロンとしていますがオイルではないのでたっぷりつけて頂いてもべったりしません。髪を守るというお薬的な役目になります。