女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > 正しいシャンプーの仕方

  • シェアする

  • 正しいシャンプーの仕方


    まずは手にシャンプーをとり、手になじませます。

    濡れた髪の上部からマッサージするような感じで付けていきます。
    丈夫の次に真ん中部分、そして下のほうへ下がり、全体に行き、髪の毛全体で泡立ててあげます。全体に泡が行きわたったら、そこからもみ洗いをし、頭皮を洗っていきます。
    油分としての汚れは、頭皮からの皮脂が、髪の真ん中あたりまでで、その先の毛先までの汚れは、大体お湯洗いで綺麗になります。尚且つ、上頭部の泡が、流す際に毛先の汚れも一緒に洗い流してくれるので、よっぽど油料理などを作ったりした際以外は、頭皮を洗うだけで流す際のお湯と泡で毛先は十分洗えます。

    逆に、あえて毛先までゴシゴシ洗ってしまうと、もともと傷みやすい毛先のキューティクルが更に傷んでしまいます。
    毛先を濡れている時にゴシゴシともんでしまうことは一番良くなく、濡れている時のキューティクルは、非常に柔らかく傷みやすくなっています。
    髪の毛は乾かしてから寝たほうがいいというのは、そういう理由からです。


    最初のお湯流しを徹底的にしてあげることがポイントです。
    しっかり濡れているとシャンプー剤の馴染みもよく、泡立ちもよくなります。
    髪の毛は意外とキューティクルが水をはじく性質があるので、しっかり時間をかけて濡らしてあげないと、髪の内部まで十分に濡れません。
    しっかり飽和状態を作ってシャンプーをしてあげることで、泡と髪の毛がなじみむと言うのが一つ。

    あとは、しっかりと指の腹を使ってマッサージするように頭皮を洗ってあげることにより、全体にスッキリとした洗い上がりができるのではないでしょうか。