女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > 自爪の手入れの仕方〜これであなたも手元美人〜

  • シェアする

  • 自爪の手入れの仕方〜これであなたも手元美人〜


    まずは紙ヤスリで爪の長さを整えていきます。

    紙ヤスリの目が粗いと爪の層が割れる原因になってしまうので必ず紙のペーパーファイルを使うことをオススメします。

    爪に対して45度に当てていきます。
    爪は3枚の層になっていますので壊さないように一方方向に引っ張っていきます。

    整えたい長さに整えたら、次はサイドです。やすりはサイドに縦に入れ左右同じよう行います。

    サイドが整いましたら、角の部分はサイドから手前に向けてゆっくり一方方向におろしていきます。左サイドも手前から引っ張っていき丸みを作りながら引っ張っていきます。この際も往復しないように気をつけてください。

    最後は角を整えるため、左右に円を描くよう整えていきます。爪のアリという部分(爪の裏側のカス)を取り除きます。次に凹凸を取り除いていきます。
    もし爪の凹凸がある場合はカラーリングの仕上げの際に凹凸の形に表面が左右されてしまうので、クッションファイルで表面を整えるやすりを使っていきます。上から下にむかって2往復ぐらいして整えていきます。

    次に爪のキメを整えます。その際に使うのはシャイニングバッファーです。シャイニングバッファーは爪のきキメを整える面と艶を出す面があります。まずはキメを整える面で一方方向で整えます。次にツヤを出していきます。カラーリングをされない場合はつやを出して終わりするといいと思います。