女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > 睡眠不足がブスにする!?〜やってはいけない睡眠の非常識2〜

  • シェアする

  • 睡眠不足がブスにする!?〜やってはいけない睡眠の非常識2〜


    『部屋着で寝るなんてNG!ナイトウェアは美人の味方』
    皆さんは、部屋着をパジャマにしていませんか。
    部屋着は、肌へのストレスがかかります。縫い目のゴワゴワが肌へのストレスになりますし、厚手のものを着ると、寝返りがうちにくくなります。
    そのため、寝返りをうつさいに不必要な力を使ってしまい、体が休まりません。

    また、フード付きのものは、首の後ろがゴワゴワしてしまうので、せっかく良い枕を使っても、効果が半減してしまいます。
    部屋着ではなく、きちんとパジャマを着て寝ることをおススメします。

    『実はNG!冬の厚着や重ねがけは避けて!』
    冬の寒さ対策では、厚着をしたり、掛け布団を重ね掛けされる方がいらっしゃいますが、どれだけ沢山お布団をかけても体が温まらない場合、実は、床からの冷えが伝わっている事が多くあります。毛布は、上にかけるよりも、敷布団の上に敷いて、下から温める方が効果がりますので、試してみてください。

    『眠れないときのヒツジ』
    眠れない時にヒツジを数える、皆さん一度くらいは試した事があるのではないでしょうか。実は、このヒツジを数えるのは、日本語では意味がありません。
    もともと、「one sheep, two sheep」というように、「シープ」と言う時に息を「ふーっ」と吐けるので、自然にリラックスできるのですが、日本語で数えると、「ヒツジがいぴき、ヒツジがにひき」と息がつまってしまうので、ヒツジを数える時は、英語で。また、日本語の時は数を数えるのがおススメです。
    「ひとつー、ふたつー、」と「とう(10)」まで数えて、また1に戻るように単調な動作を繰り返すと、眠くなってきます。
    日本語の時は、数字を数えることを試してみてください。

    『快眠美人の朝は、賢く血糖値をUP♪』
    朝、血糖値を上げるために、スイーツを食べている方はいらっしゃいませんか?
    スイーツは、一時的に血糖値を上げるものの、下がり方も早いので、エネルギーが持続しません。そのため、スイーツよりもパンの方が良いですし、パンよりも白米、白米よりも玄米の方がエネルギーの持続力が長くなります。

    さらに、玄米ご飯だと、しっかり噛むので、脳の活性化にもつながります。
    シリアルを選ぶときなどにも、普通のものより玄米でできているものを選んだほうが、食物繊維も豊富でおススメです。