女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > 夏にぐっすり快眠美人1〜上手に温度調節〜

  • シェアする

  • 夏にぐっすり快眠美人1〜上手に温度調節〜


    夏にぐっすり眠るためには、エアコンと扇風機を上手に使う事が大切です。
    エアコンの温度は、寝るまでは少し涼しめに冷やしておきます。
    だいたい26度くらいが目安です。お部屋に入った時にふっと気持ち良く感じることができ、リラックスができて、寝付きやすくなります。
    睡眠中は少し高めにし、寝る前に28度の設定に切り替えましょう。
    28度を超えると、熱中症のリスクが高まりますので気をつけて下さい。

    実際に、リモコンの温度と、お部屋の温度が一致しないと言う事がよくあります。
    ですので、リモコンで28度に設定しても、実際にその温度になっているかどうかは、温度計を用意しておいて確認してください。
    そして、実際のお部屋の温度が快適になるように温度を上手に調整してみてください。

    エアコンが苦手な方は、扇風機を利用すると温度が高めでも快適に眠ることができます。扇風機の一番弱い風を天井に向けて、緩やかにお部屋の空気を循環させるようにすると、風が皮膚の表面を通った時に熱をとってくれます。体感温度が約2度ほど下がりますので、体に負担なくぐっすり眠ることができます。

    夏の夜に一番寝苦しく感じるのは、背中のムレです。
    温湿度を調整するとともに、涼しい敷きパッドを利用することもおススメです。
    例えば、イ草のシーツですとか、メッシュでできた通気性の良いパッド、そして、麻でできた吸湿性の良いもの。麻は冷たく、触った時に冷っとした感触があり、中身も麻でできた綿が入っている物など、おススメです。
    この様に、寝具の工夫でも快適さがUPします。