女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > 夜は照明を落として若返りホルモン「メラトニン」の分泌を促す

  • シェアする

  • 夜は照明を落として若返りホルモン「メラトニン」の分泌を促す


    メラトニンは、起床後14〜16時間後くらいから分泌が高まります。
    その時にメラトニンを上手に分泌させる為には、照明の照度を落としていくことが大切です。
    リラックスタイムには、150ルクスくらいの照度が適していますし、睡眠中は、暗ければ暗いほどメラトニンの分泌が高まりますので、照明は全て切って眠られることがおススメです。
    真っ暗だと不安な方は、足元からフットライトでほのかに部屋の様子が分かる程度の照明を使う事をおススメします。

    豆電球をつけて寝られる方がいらっしゃいますが、豆電球をつけて寝ると、熟睡の妨げになりますし、ダイエット効果にも影響する研究結果もあるそうですので、豆電球はできるだけ消して眠るのがおススメです。