女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > 塩ヨーグルトで作るサーモンディップ

  • シェアする

  • 塩ヨーグルトで作るサーモンディップ


    塩ヨーグルトでディップを作ります。

    まず、水切りしたヨーグルト(30グラム)をボールに入れます。

    水切りヨーグルトはマヨネーズの代わりにもなりますが、水切りヨーグルトだけだと少しコクが足りません。
    そのままでも勿論サッパリしていて良いのですが、より食べ応えのある味わいにしたい場合は、オリーブオイルを加えると良いです。

    オリーブオイルを小さじ1入れます。
    そして塩をひとつまみ加えます。

    ヨーグルト(水切りしている、していないにかかわらず)に何かを加える基本は、

    ・ヨーグルト
    ・塩
    ・レモン汁、カボス、ゆずなどの柑橘系のもの
    ・にんにくのすりおろし

    この組み合わせが基本の良く合うものになります。
    この組み合わせにオリーブオイルを加えることでよりリッチな味わいになりますし、ハーブなどを入れますとより香り高く仕上がります。

    ヨーグルトに、塩、にんにく、レモン汁、オリーブオイル、このあたりはどのような素材にも比較的合います。

    今日はオリーブオイルを加えました。
    そして更にレモン汁を加えていきます。

    レモンを加えますと、ヨーグルト自体にも酸味があるのですが、ヨーグルトを水切りしますと酸味が穏かになりますので、ここで更に柑橘系の物を加えますと、ヨーグルトの旨味が引き締まりますのでおススメです。

    ここで良く混ぜ合わせてから、刻んだスモークサーモン(50グラム)と刻んで少し水にさらした玉ねぎ(小さじ2)を加えます。

    今日の物は少し粘度が固めのものになります。これは、ヨーグルトを2時間以上、3時間近く水切りしたためです。
    また、混ぜ合わせる素材によって、水分がでない物などを混ぜる時に、粘度が固すぎてしまう場合は、水切りした際に出たホエー(乳清)を加えて軟らかくして下さい。

    水切りを一晩中してしまって、使う際に固すぎる場合でも、このホエーを使って混ぜ合わせれば、固さを調整することができます。

    材料が良く混ざったら、お皿に盛りつけていきます。

    最後にディルを飾って出来上がりです。

    水切りヨーグルトさえ作っておけば、こちらはサーモンですが、茹でたブロッコリーや、ドライトマトとオリーブを合わせたもの、その他にもホウレン草など色々なお野菜や素材を使っていかようにもディップを作ることができます。