女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > シャンプー選びの豆知識

  • シェアする

  • シャンプー選びの豆知識


    これを知っておくとシャンプーの事が少しわかります。

    シャンプーの容器の裏に書いてある成分表。
    この中身の成分を全て覚えることは大変です。僕も覚えられません。
    でも、こういうルールがあります。これを知っているとシャンプーがなんとなくわかります。

    シャンプーの成分表の記載は、最初の5番目の成分までは使っている量が多い順に書かなければいけないという決まりがあります。
    こちらの例では、

    ・水
    ・ラウレス硫酸Na
    ・ジステアリン酸グリコール
    ・コカミドプロピルベタイン
    ・ジメチコノール」

    とここまでが5番目です。
    だいたい、シャンプーは、水の次に界面活性剤の締める割合が大きいです。成分の約70%は界面活性剤であることが多いです。ですので、これが性格を決めています。
    例えば、この「ラウレス硫酸Na」は脱脂力が強いので、油っぽい肌の人には良いですが、お肌が敏感な方には合わなかったりします。
    そのような選び方ができます。

    また、こだわった水を使用していると仰るメーカーさんもいらっしゃいますが、あまりお水は影響がないので、その次の界面活性剤の種類などを見ておけば、合う合わないがわかってきます。

    アミノ酸系だから良いなどもありますが、名前もたくさんありますし、なので、界面活性剤の脱脂力の強いものだけでも覚えておけば善し悪しが分かってくると思います。

    その他の成分は少ない量しか入っていないので、半年、一年使い続けてやっと何か違うと思う程度しかそれらは入っていません。

    ですので、そのシャンプーが自分に合う合わないは最初の5つの成分を見れば大体わかります。

    今は化粧品も、医薬部外品も全て成分を記載しなければいけないという規定になりましたので、知ってる人は得をするようになりました。
    成分を知って、自分の身は自分で守るという形になってきました。