女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > ベーシックな塩ヨーグルトの作り方 〜塩ヨーグルトのお漬物〜

  • シェアする

  • ベーシックな塩ヨーグルトの作り方 〜塩ヨーグルトのお漬物〜


    ベーシックな塩ヨーグルトでお漬物を作ります。

    【キュウリ1本分材料】

    ●キュウリ 1本
    ●ヨーグルト 50グラム(大さじ2杯半)
    ●塩 2.5グラム(小さじ1/2)
    ●切り昆布 適量

    1.密閉袋にヨーグルトを入れます。キュウリ1本に対して、ヨーグルトは50グラムと非常に少ない量で大丈夫です。

    2.お塩を入れます。野菜を漬ける場合は、ヨーグルトに対し、約5%の量の塩を入れます。海水よりも少し強めです。舐めると結構塩辛いです。
    50グラムのヨーグルトに対して約小さじ1/2(2.5グラム)。

    3.切り昆布を加えます。昆布は入れなくても大丈夫ですが、入れることでより旨味が増します。よりぬか床のようになります。

    4.調味料を全て入れたら、良くもみこんで塩を溶かします。

    5.キュウリを入れます。 キュウリには切れ込みを入れたりするとよりヨーグルト床が浸透しやすくなりますが、これはしてもしなくても大丈夫です。

    6.キュウリを入れたら、ヨーグルト床がキュウリにむらなくまとわりつくようにして、下からクルクルと袋を巻いて空気を抜いていきます。
    こうすることで床がより少なくてすみ、また味がしっかりつき易くなります。
    空気が入っていると床が分散され、良く漬かりません。よって味にむらがでてしまいます。

    7.野菜でしたら、2日間くらいが漬け時間の目安です。
    1日ですと素材にもよりますが、少し浅漬けに近い味になります。
    野菜は丸ごと漬ける必要はありません。時間がない時は浅漬けを漬けるように野菜をカットしてから床に漬けるとより1日でも2日間漬けたような、短時間で漬けものができます。

    8.ぬか床でカット野菜を漬けると、とりだす時に一苦労しますが、ヨーグルト床ですと簡単に取り出せる手軽さが魅力の一つです。

    9.洋風の野菜も漬けることができます。赤パプリカなどはその甘みもヨーグルトと良く合い、洋風の漬けものを楽しむことができます。