女磨き.net TOP > 女磨きテクニック > シャンプーソムリエ 関川流トリートメントのあり方

  • シェアする

  • シャンプーソムリエ 関川流トリートメントのあり方


    関川流トリートメントのあり方は、アウトバストリートメントです。では、アウトバストリートメントが良い理由をご説明します。

    トリートメントは成分が髪の毛になじむような作りになっていますが、基本髪も肌も同じなのでシャワーで流すと髪から流れ出たトリートメントが肌にも付いてしまいます。その体に付いて残ってしまったトリートメントが背中ニキビやシミ等の炎症を起こす原因の一つとしても挙げられています。更には、シャンプーとトリートメントは厚生労働省の決まり事で、「洗い流す物」としての認可が下りているので、どちらもしっかり洗い流さなくてはいけません。しかし、しっかり流さずに体についたままにしてしまうので炎症を引き起こすのです。シャンプーやトリートメントの質の問題により炎症を引き起こしますが、使い方の間違えでも炎症の原因になります。トリートメントを少し残す方が多くいらっしゃいますが、これは大きな間違えで、必要な成分は髪に残る様になっているのでしっかりと洗い流しましょう。

    もう一つの理由は、トリートメントが髪に残る量と流れていってしまう量の問題です。トリートメントを髪につけても、洗い流してしまったら髪に残るのはごくわずか。洗い流す物なので仕方ないですが、有効成分を流してしまうのはとてももったいないですし原料の無駄も多いですよね。いくら保湿成分が配合されていても髪に残らないと意味がないので、我々はきちんと髪に残り有効成分が1日中働きかけてくれる物を考えました。洗い流さないので背中等への炎症が起きず、無駄もありません。更にアウトバスタイプは流さない分、より安全性を重視しています。ですので、キュベシノブアウトバストリートメントは、髪に良いのは当たり前ですが、肌にも良い様に作りました。手に残ったトリートメントをそのままなじませるとハンドクリームの代わりになり、手の保湿もできます。使い方の注意ですが、全ての方が使う必要は全くありません。キュベシノブシャンプーの様にシャンプーだけでトリートメント効果がある場合は更にトリートメントを使用する必要はありませんので、特に髪の痛みを感じる方だけ使用して下さい。使用する際は、アウトバストリートメントを髪全体ではなく一番痛んでいる毛先部分に付けるだけで充分です。